クラチャイダムの成分と効果

クラチャイダムの成分と効果

最近は「クラチャイダムゴールド」や「クラチャイダム王」などクラチャイダムという名前が付いた精力剤が増えてきています。

よく「クラチャイダムっていう成分があるの?」と思われる方がいますが、これは違います。

クラチャイダムは別名「黒しょうが’(ブラックジンジャー)」と呼ばれる植物です。

なのでこの植物にどういった成分が含まれているのかをまずは紹介していきます。

成分

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で成長ホルモンの生成に関わっているため、摂取することで精力アップを期待できます。実際、多くの精力剤がアルギニンを配合していることを訴求しているため、精力の減退を感じる方には欠かせない成分です。

また、クラチャイダムはマカに比べてアルギニンの量が二倍以上含まれていることでも注目されています。

必須アミノ酸

必須アミノ酸とは人の体に不可欠なアミノ酸ですが、それ自体を人の体内で生成できず、食べ物によって摂取する必要のあるアミノ酸のことです。

主な働きとしては、運動時にタンパク質の生成の促進、運動によって傷ついた筋肉の修復、乳酸の生成を抑える働きがあります。

クラチャイダムにはバリン、リジン、ロイシン、イソロイシンなど9種類の必須アミノ酸が豊富に含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールは高い抗酸化力を持っているため細胞をがさび付いてしまうことを予防してくれます。

原産国

クラチャイダムは原産国がタイですが日本ではそのままの状態ではほとんど流通しておらず、サプリメントとして販売されています。

原産国のタイではあれもが知る「健康に良い食べ物」として親しまれています。

精力剤おすすめランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする