ペニスサイズの測り方と理想のペニスの大きさについて

男性にとって自分のペニスの長さや太さは常に意識してしまうものです。

温泉やプールの更衣室で他人のペニスを見たときに「自分よりも大きいな」と思ったことは誰しもが経験したことがあるはず。

ただ、自分のペニスの長さや太さが世間一般的にみると平均値よりも上なのか、下なのか?と気になるでしょう。

そこでここではペニスサイズの正しい計測方法と日本人や海外の人の平均ペニスサイズを紹介しているので、継続した自分のサイズを平均値と比較してみてください。

今まで自分なりのやり方でペニスサイズを計測していた方は、以下で紹介するやり方で計測すると、思っていたよりも長かったり、逆に短かったということに気が付くでしょう。

ペニスサイズの計測方法

ペニスサイズを計測するには定規が必要になりますが、どんな定規でもいいというわけではありません。

ペニスを計測する定規は以下の画像のように、両端に余白の部分がないものだとより正確に長さを計測することができます。いわゆる「端からメモリがスタートとしている定規」のことです。

加えて透明な定規だと上からのぞいた時に正確に計測ができます。

ペニスサイズを正確に計測するのに最適な定規

上記のような定規だと、ペニスの根元に定規の端を当てて亀頭の先端までズレなく計測することができます。

今まで余白のある定規で計測していた方は、余白の分だけ短く計測してしまい実際よりも数ミリ短くなっているケースがあります。

定規が準備できたら、ペニスを最大限まで勃起させて体に対して垂直になるように手で傾きをコントロールします。その状態で定規をペニスの根元に押し当てて、亀頭の先端までの長さを計測します。

この時に定規をお腹の中に向かってめり込ませないことです。他のウェブサイトでは、ペニスは体の中に埋もれている部分があるので、そこも計測した方がいいためにねじ込ませることを推奨しているところがありますが、一般的にはめり込ませないのが普通です。

ペニスサイズを計測する際には、定規をペニスの根元に押し当てて亀頭までの長さを測ります

一度計測したら、それを13cm30mmというようにメモしておきましょう。勃起具合はその日の体の調子や興奮具合によって左右されるため、再度計測するとサイズに若干の違いがあります。

そのため、例えば3日間のペニスサイズを計測して、その中で最も長いときのペニスサイズを現状でのサイズとして捉えておくといいでしょう。

精力剤おすすめランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする